大きさの測り方

HOME > 三昌の「革」 > 大きさの測り方

革の価格を決定する一つの基準として、革の面積を用います。革は同じ種類で同じ年齢の動物でも1枚1枚、大きさが異なります。
専用の測定器を用いて、革の面積を測ります。

一般的に革はDS(デシ)と呼ばれる単位で面積を測ります。1DSは10cm×10cmの大きさです。
各商品の価格は、「1DS当たり○○○円」というように決定される場合が多いです。
当社でも以上の方式を採用しております。

革の大きさはDS(デシ)で測ります。 1DSは10cm×10cmの大きさです。
革の大きさを測る専用の測定器です。
各革に大きさを記載しています。
大きさを基準に価格を決定しています。